中小卸売業の電話/FAX受注の課題をまとめて解決!クラウド型BtoB 受発注システムe!order

スマホイメージ

手間やコストだけではない!受発注でこんなお悩み
ありませんか?

いまだに国内の中小卸売企業で多く見られる、電話(留守電)やFAXによるアナログの受注処理ですが、
業務効率化や働き方改革の妨げになるだけではなく、お客様満足の視点でも課題を抱えています。

受発注での課題イメージ

問い合わせをしても、回答まで
時間がかかる!

受注状況が
リアルタイムで把握できない!

受注処理担当の人件費など
コストがかかる!

電話・FAX受注の課題

電話・FAX受注の課題イメージ

  • FAXの課題

    小売業(発注側)

    発注書のファイリング管理など手間がかかる!

    卸売業(受注側)

    万一FAXが故障すると受注できなくなる!

    用紙やトナー/インクなど消耗品管理が必要!

    OCR読み取りは突き合わせチェックが欠かせない!

  • 電話の課題

    小売業(発注側)

    通話中が多く、発注忘れ・遅れにつながりがち!

    卸売業(受注側)

    不明瞭な音声による聞き間違いが発生する!

    何時間も留守電を聞いて処理するのが大変!

  • システムの課題

    卸売業(受注側)

    受注状況がリアルタイムで把握できない!

    受注処理担当の人件費などコストがかかる!

    別途基幹システムへのデータ登録が必要!

    受注後の処理にタイムラグが発生してしまう!

課題をまとめて解決!e!orderで
受発注をスムーズに!

クラウド型BtoB受発注システム「e!order」で受発注を電子化すれば、
最小限の手間とコストで様々な課題を一気に解決できます。取引先は、専用アプリをダウンロードするだけ。
負担をかけずに使い慣れたスマホで、いつでもどこからでも発注でき、受注側・発注側、双方に大きなメリットをもたらします。

e!orderで受発注を電子化

e!orderで受発注を電子化イメージ

e!orderで課題解決イメージ

スマホ(専用アプリ)、
いつでもどこでも発注できる

発注書の記入やファイリング
管理などから解放される

問い合わせに対し
その場で回答が得られるように

システム化により業務不可を
軽減し人件費などコストも削減

機器の故障や消耗品切れ、話し中
などによる“機会損失”を回避

音声や文字などのデータ化が不要で、
人為ミスを排除

基幹システム連携により
受注処理を自動化し、タイムラグを解消
※カスタマイズ対応(オプション)となります

お問い合わせ・ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちらから!

特長・メリットe!orderが
選ばれる理由

  • 01クラウド型だから受注側も発注側も導入が簡単

    小売
    (発注側)
    • スマホ・タブレット
      (iPhone・Android)で利用可能

    卸売
    (受注側)
    • サーバーやVPN回線などの準備は不要

    • システム運用は弊社データセンターにおまかせ

  • 02使いやすさ低コストにこだわり、基本機能を絞り込み

    小売
    (発注側)
    • 発注側は利用料金不要
      (コスト負担はモバイル通信の費用だけ)

    • ID・パスワードでログイン、発注商品の数量を入力して送信するだけ

    • 「いつもの」「前回発注分」といった特注メニューもご用意

    卸売
    (受注側)
    • 基本機能を絞り込み、使いやすいシンプルなUIと低コストを実現

    • 商品マスタを登録し、取引先ごとにID・パスワードを発行するだけで準備完了

    • 新商品やキャンペーンなど、お知らせ機能を標準搭載

  • 03セミオーダー型で柔軟にカスタマイズできる

    卸売(受注側)
    • オプションで基幹システムとの連携が可能

      受注処理業務を自動化&省力化

    • 仕入れ先への発注機能追加も可能

      受発注を単一ツールで実現

    • 在庫表示など発注側の細かなニーズにも柔軟対応

      顧客満足度向上により、競争力強化

お問い合わせ・ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちらから!

e!order 導入事例丸大フード株式会社様

  • 「カスタマイズの必要性や運用面を考えると、
    選択肢はe!orderしかありませんでした。」

    人物

    MF関西物流センター長
    尾山 吉明

    丸大食品株式会社の販売グループ会社として、外食産業への各種食品卸を中心に事業展開。全国約15,000の飲食店に、毎日、肉・魚・加工食品などの食材を届ける丸大フード株式会社。2020年4月のMF関西物流センター開設にあたり、それまでアナログ中心だった受発注の仕組みを見直し、e!orderを導入。大幅に合理化・効率化を果たしつつ、飲食店とのエンゲージメント強化にも貢献しました。

    選定の決め手

    • CUSTOM

      他社のカスタマイズが難しいパッケージソフトに対し、セミオーダー型で柔軟にカスタマイズできる

    • COST

      他社に比べてランニングコストが小さくて済む上、取引先のコスト負担がなく提案しやすい

    導入前の課題

    • FAXおよび留守電が中心の銃声の受注は、人手に頼る作業が多く非効率的
    • 聞き間違いやシステムへのご入力などで人手によるオペレーションミスも発生
    • お客様から口頭で注文を受け、会社に戻って受注システムに入力する手間がある

    導入後の効果

    • 受注処理業務のシステム化により、受注担当の負担を大幅に軽減すると同時に、人為ミスも減少
    • 口頭での注文を、納品担当がその場でe!orderに登録できるようになった
    • 取引先自身で、e!order上で発注履歴・内容を確認できるようになった
    • 取引先の利便性向上により、結果的に発注が他社に流れるのを防ぎエンゲージメント強化にも貢献

e!order導入&ご利用の流れ

  • STEP01

    お問い合わせ

    まずはフォームに基本情報をご入力の上、お問い合わせください。

  • STEP02

    お打ち合わせ

    弊社担当者が、お客様のお悩みやご要望をヒアリングします。

  • STEP03

    カスタマイズ

    必要に応じて、基幹システム連携や機能追加などカスタマイズ開発します。

  • STEP04

    システム導入

    取引先や商品マスタを登録&取引先にID・パスワードを発行。

  • STEP05

    利用開始

    取引先にて専用アプリをダウンロードして利用開始。